Site Loader

歯の詰め物が劣化することで起こる弊害と対処法

虫歯治療などで歯を削った後は形を整える目的で詰め物を使用することがあります。従来の詰め物は加工のし易さや費用の安さから金属が使われていましたが、口の中に長く置くことによって唾液や食べ物のカスに触れ続け、品質が低下する問題があります。劣化した詰め物にはすき間が生じることがあり、そのすき間に汚れが入り込んで虫歯を発症させるケースもあるので注意が必要です。また、金属の光沢が見栄えの悪さに繋がるのも問題の一つになっています。そのため、古くなった金属製の詰め物を取り除き、本物の歯と似た質感を持つセラミック製の詰め物に交換する治療を受ける人が増加しています。中でもセレック治療は時間がかからないので人気が高い方法です。

セレック治療が短時間で完了する理由

セレック治療はセラミック製の詰め物で歯の欠損部分を補う治療ですが、最大の特徴は3Dカメラでデータを採取し、専用のCADシステムで詰め物を作成する点です。従来のセラミック製の詰め物は歯形を取って歯科技工士に作成を依頼するため、時間がかかる欠点がありました。セレック治療はその場で詰め物の作成と成形を行うので短時間で済みます。その場で細かい調整が出来るので、詰めた後に不具合に悩む心配がありません。多くの場合、日帰りで詰め物を作ることが出来るので多忙な人でも利用出来るのが大きな利点です。また、セレック治療は外部の業者が介入しないので人件費が発生せず、料金を低く抑えることが出来るのも特徴の一つです。審美治療なので保険は適用されませんが、従来の詰め物を交換する治療と比べると安価で利用することが可能になっています。

セレックは、歯の治療をする際の修復物の型取り作業を院内で3Dカメラを使用して行い、そのデータをセラミックを削り出す機械に転送し、その場で修復物を作成することができるため、治療時間の短縮につながります。