Site Loader

腰痛が発症する原因について

日本では腰痛で悩んでいる人がたくさんいると言われていますが、一体なぜ、腰痛は発症するのでしょうか。腰痛の原因は人によって様々で、原因としては腰部脊柱管狭窄や椎間板ヘルニアが挙げられます。また、細菌感染や臓器の疾患なども、腰痛の原因となるケースがあるそうです。ストレスや心理的な負担も腰痛の要因になることから、医療機関においても腰痛の具体的な原因を突き止めることは、難しいと言われています。

自分でできる腰痛の予防法

腰痛を予防するためには、具体的にどうすれば良いのでしょうか。簡単に自分できる予防法として挙げられるのが、ストレッチです。腰回りの筋肉を伸ばし、柔らかくしておくことが大切です。腰を中心として、お腹や背中、お尻など、ゆっくりと気持ち良く伸ばしていきます。また、体幹の筋肉を鍛えることも、腰痛の予防に有効だと言われています。特に腰回りの筋肉をつけることで、腰椎への負担を軽減できます。

腰痛の治療方法とは?

腰痛の治療で整形外科を受診すると、問診やレントゲン撮影によって状態をチェックされます。そして重症度に合わせた治療が施されるのですが、軽度の場合は腰痛予防に関する指導を受け、薬の処方だけになるケースも少なくありません。また場合によっては、リハビリテーションをすすめられる場合もあります。そして腰痛で酷い痛みがある場合に行われるのが、神経ブロック療法です。この治療法では、注射によって痛みの伝達をブロックします。椎間板ヘルニアなどで、よく行われる治療法です。

腰痛 注射の一つの方法としてブロック注射があります。この注射は一時的な麻酔だけではなく、麻酔によって興奮した神経を落ち着かせて、痛みの悪循環を断ち切る効果があります。