Site Loader

ほくろがあることで気になるケース

人間の顔や体などにある黒い斑点のことをほくろといいますが、顔周りにあるほくろの場合は、数の多さが人によって異なります。ニキビなどルックスにも影響を与える特徴の一つで、生まれつき持っている特性でもあります。ニキビの場合は、生活環境や食生活などに影響し、自然となくなることもありますが、ほくろについては、どんな状態でもなくならないことが大きな違いです。このほくろは皮膚科などの外科手術により取り除くことができます。顔の整形手術を行う美容外科専門のクリニックであれば、大抵ほくろ除去手術もラインナップに入っています。

ほくろの取り除き方とアフターケア

ほくろ除去手術は、取り除く箇所やその数、ほくろの大きさなどにより、手術に要する日数ならびに代金が異なってきます。手術を受ける前に、予めカウンセリングを受ける必要があり、ほくろの数や大きさを計測、値段などを確認することになります。除去にかかる費用は、ミリメートル単位で1万円単位となっていますが、各種保険適応となる手術となっていることが特徴です。手術にはいくつかの種類があり、レーザー治療が主流となっています。手術は麻酔をかけて行うため、痛みをほとんど感じず、基本的には数十分程度で終了します。治療終了後は、1ヶ月程度の経過観察のために通院が必要となり、出血を伴うことから傷薬と絆創膏などで患部を覆い隠します。1週間程度経過した後は、傷跡をなくすための美白剤を塗る治療に切り替えます。1ヶ月後、皮膚等に問題がないと診断を受けたら、治療終了となります。

ほくろ除去はメスを使って除去する方法しかないわけではありません。レーザーを使用して少しずつ除去していく事も可能です。