Site Loader

永久脱毛の方法は2種類

フラッシュ脱毛、ブラジリアンワックスなど、色々な脱毛方法がありますが、一生ムダ毛の心配がいらない永久脱毛ができるのは、医療レーザー脱毛とニードル脱毛の2種類だけです。しかし、電流の通った針を毛穴に刺して毛根を焼き切るニードル脱毛は、痛みが強いうえ時間がかかるため、広範囲の脱毛には向いていません。全身ツルツルにする永久脱毛なら、医療レーザー脱毛一択になります。

医療レーザー脱毛とは

医療レーザー脱毛は、レーザーを照射して毛乳頭を焼き切る施術です。メカニズム的には脱毛サロンのフラッシュ脱毛と同じですが、出力が高いため医療従事者のみに扱いが許されています。その分効果が高く、短期間でツルツルの状態にすることができます。1回の施術で全体の10%から15%の毛を処理することができ、満足できる状態になるまでには6回の施術を受けるのが一般的です。

また、施術日の前日はシェービングをしなければなりませんが、剃り残しがあるとスタッフにシェービングしてもらうのに追加料金が取られることがあります。きちんとシェービング出来ているか確認してからクリニックへ向かうようにしましょう。

医療レーザー脱毛を受けた後のお手入れ

医療レーザー脱毛の施術後は腫れや赤みが出ないように、家に帰ってからも冷やすとよいでしょう。また、肌が敏感になっているため紫外線対策をしっかり行い、保湿をすることも大事です。施術を受けた当日は、湯船に浸かって体を温めたり、運動をして血液の循環を良くすることは避け、できるだけ安静にするのが賢明です。

腕や脚の脱毛以外にも背中や指等、人によって気になるところは違います。一気に気になる部分を脱毛したいなら、全身脱毛しましょう