Site Loader

紫外線対策がニキビ対策で大事

一年の中でも夏の時期は、最もニキビができ易い季節と言われています。というのも、皮脂や汗が過剰に分泌する上に暑さでホルモンバランスが崩れやすいからです。夏のニキビ対策で大切なのは、外出時にきちんと紫外線対策を行うことです。そもそも紫外線には、肌のバリア機能を低下させて乾燥をもたらす作用があるからです。肌が極端に乾燥すると大量の皮脂を分泌させる為にニキビができやすくなります。よって、日焼け止めや日傘などを日常的に使うようにしましょう。

保湿ケアはとても大切

夏の時期のニキビ対策として、朝と夜の保湿ケアがとても大事です。そもそも夏は外がすごく暑いものの、室内はクーラーなどの冷房でとても涼しい状態になっています。すなわち、外と室内の気温差がかなり大きいために、肌に大きなダメージとなりやすいのです。したがって、クリームなどで丁寧に保湿を行うことで、紫外線や冷房などの刺激から肌を守ることができます。肌に潤いを与えることでニキビの発生を抑えられるのでおすすめですよ。

きちんと入浴する事が大事

夏のニキビは、毛穴に皮脂などの汚れが詰まって雑菌が繁殖することが原因で起こります。そのため、ニキビ対策としては毎日、ちゃんと湯舟に入って体を温めることが非常に有効です。時間をかけて入浴する事で新陳代謝が良くなる上に、顔の毛穴が開いて汚れが落ちやすくなるからです。夏だからとシャワーだけで済ませてしまいがちですが、面倒くさがらずに美肌のために湯舟に入ると良いでしょう。

ニキビ跡は適切な処置をしないと、深く残ってしまうことがあるので、慎重に処置しなければ大変なことになります。